最近のトラックバック

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

2014年4月10日 (木)

専業主婦(主夫)は主役です!

☆ネットワークビジネス大成功 in 海外☆


専業主婦(主夫)も

経済的自立をする必要があります。

たとえ経済的心配がない方でも

それが出来た時に

精神的にも楽になります。

誰にも拘束されない自由似包まれます。

自由にはばたけるようになると

第三者にもおおらかになれます。

幸せオーラを放ちます。


家庭の主婦(主夫)が、

経済的にあるいは精神的に

自立をしたいと願った時に

誰でも、

『本当に自分にも出来るのだろうか』

と、不安になると思います。

しかし

始めは小さな1歩でも、

勇気を出して踏み出さなければ

自立は絶対に出来ません。

勇気を出して

始めの1歩を踏み出した時に

あなたは既に

自立の道を歩き始めているのです。

自立の仕方は人それぞれです。

あなたの人生には

あなたしか主人公はいないのです。

本当に自立したいのなら

あなたがその第1歩を踏み出す事です!

 

あなたが主役です!


ネットワークビジネスで海外への道


2014年1月12日 (日)

介護について考える年頃

☆ネットワークビジネス大成功 in 海外☆

私は専業主婦ですから自分が歳をとった時の事ばかりではなく、
介護についてこの頃とても考えるようになりました。

私には、日本に年老いた両親がおりますのでなおさらです。

既に現実の問題です。

誰でも『最後まで元気でいたい』と思うと思うのですが、
現実はいつもそのように望み通りには行かない事もあります。

人間誰でも歳をとりますが、
『我が家で人生の最後を迎えたい』と思われる方がとても多いそうです。

その為に在宅ケアという方法がとられるのですが、
在宅ケアは、ヘルパー、医師、看護師などのチームに支えられて可能になります。

胆の吸引などの医療処置が必要だったり、
癌や難病患者の為のかかりつけ医や医療機関、
介護事務所などのお世話になる事も考えなければなりません。

そして主治医を始め、
地域の方達や知り合いの助けも多いに必要とされるでしょう。

在宅ケアを可能にする為には、
その本人だけではなく家族のケアも大切なポイントである事は間違いありません。

在宅ケアをしながら収入を得る事は
外で働くのは大変難しいのですが、在宅で副収入を得る事は可能です。

私が行っているこのビジネスは、手のあいた時にできます。

病人の側で看護しながら出来るビジネスです。

情報時代の賜物であるこのインターネットを利用したビジネスは、
専業主婦の大の見方です!

ネットワークビジネスで海外への道 

2013年12月17日 (火)

人間誰でも歳をとります

☆ネットワークビジネス大成功 in 海外☆

私は主婦ですから自分が歳をとった時の事ばかりではなく、
介護についてこの頃とても考えるようになりました。

人間誰でも歳をとりますが、
『我が家で人生の最後を迎えたい』と思われる方がとても多いそうです。

その為に在宅ケアという方法がとられるのですが、
在宅ケアは、ヘルパー、医師、看護師などのチームに支えられて可能になります。

胆の吸引などの医療処置が必要だったり、
癌や難病患者の為のかかりつけ医や医療機関、
介護事務所などのお世話になる事も考えなければなりません。

そして主治医を始め、
地域の方達や知り合いの助けも多いに必要とされるでしょう。

在宅ケアを可能にする為には、
その本人だけではなく家族のケアも大切なポイントである事は間違いありません。

在宅ケアをしながら収入を得る事は
外で働くのは大変難しいのですが、在宅で副収入を得る事は可能です。

私が行っているこのビジネスは、手のあいた時にできます。

病人の側で看護しながら出来るビジネスです。

ネットワークビジネスで海外への道 

2013年11月10日 (日)

元気なときには想像もつかない事が〜

☆ネットワークビジネス大成功 in 海外☆

若くて元気なときには想像もつかない事が、老体にはおこって来ます。

近年、年金が当てにならなくなって来ている事は、
誰でも既にご承知と思います。

「老後に一体どのくらいのお金が必要か」考えた事はおありでしょうか。

私は何年か前に大病をして、
自分の体が自分ではない体験を致しました。

その時に思ったのは、
まず「あ~、これで私の一生は終わりだ」

そして助かりそうだと分かった時に思った事は、
「年取ったら、こういう具合に体が不自由になるんだ」でした。

それまでは、
お年寄りを見ても『ご不自由でお気の毒に』と
第三者的に思っていたのが、
この時の体験で、それがどんなに辛い事か理解できました。

不自由な体になった時の想像がつかないならば、
大病にならずとも体感できる方法があります。

重い本か石をつめたリュックサックをしょい、
両手両足をロープでしばって歩いてみて下さい。
そうすれば自由に動けず、時間がかかり、
何をするにも大変な労力を要するのが理解できるでしょう。

長生きしたくない方は別ですが、
人間長く生きれば、多かれ少なかれ体の不自由さを感じてくるものです。

自分で自分の事が出来なくなったら、
介護の方に助けてもらわなければなりません。

将来、老人の数が増え続け、
介護をする側の人口がそれに追いつかなくなったらどうなるでしょう?

長生きする前提で、
将来の経済的生活設計をする必要があります。

プランは出来るだけ早い時期に立てる事が大事です。

ネットワークビジネスで海外への道 

2013年9月23日 (月)

主婦の皆さん、あなたの将来は安全ですか?

☆専業主婦のネットワークビジネス大成功 in 海外☆


専業主婦は24時間労働です。

毎日の家事や子育て、あるいは親の介護に時間を使い

自分の事まで手がまわらない人も多いのではないでしょうか。



 

あなたは自分の将来の事は考えていますか?



あなたは「老後に一体どのくらいのお金が必要か」考えた事はおありでしょうか。
若くて元気なときには想像もつかない事が、老体にはおこって来ます。



近年、年金が当てにならなくなって来ている事は、
誰でも既にご承知と思います。



私は何年か前に大病をして、
自分の体が自分ではない体験を致しました。

その時に思ったのは、
まず「あ~、これで私の一生は終わりだ」

そして助かりそうだと分かった時に思った事は、
「年取ったら、こういう具合に体が不自由になるんだ」でした。

それまでは、
お年寄りを見ても『ご不自由でお気の毒に』と
第三者的に思っていたのが、
この時の体験で、それがどんなに辛い事か理解できました。

不自由な体になった時の想像がつかないならば、
大病にならずとも体感できる方法があります。

重い本か石をつめたリュックサックをしょい、
両手両足をロープでしばって歩いてみて下さい。
そうすれば自由に動けず、時間がかかり、
何をするにも大変な労力を要するのが理解できるでしょう。

長生きしたくない方は別ですが、
人間長く生きれば、多かれ少なかれ体の不自由さを感じてくるものです。

自分で自分の事が出来なくなったら、
介護の方に助けてもらわなければなりません。

将来、老人の数が増え続け、
介護をする側の人口がそれに追いつかなくなったらどうなるでしょう?




既に、老老介護の時代です。




長生きする前提で、
将来の経済的生活設計をする必要があります。

プランは出来るだけ早い時期に立てる事が大事です。



ネットワークビジネスで海外への道 

2013年8月19日 (月)

専業主婦も精神的自立を!

。♪..:.*..ネットワークビジネス大成功 in 海外 ..*☆゜..・。

私はドイツに住むようになって、日本で生活していた時よりも
精神的な自立の重要性を思い知らされました。

結婚してからも
たとえ多少の金額ではあっても
収入があるという事は
精神的に大きな支えでした。

ですから専業主婦になってからは、
本当に毎日が物足りなく感じられ
何をしても心が満たされませんでした。

そしてある時
私は気がついたのです。

それは
自分に収入がないからだと。。。

主婦業では、配偶者の収入で生活する事になります。

勿論配偶者の収入は2人の共同の収入には違いありません。

でも、
精神的な安定感は随分異なります。

何かあった時に、
自分で思うようになるお金を持つのと持たない違いです。

何かなくとも、
小旅行に行ったり、何か自分のものを買う時に、
いちいちお伺いを立てずにすみます。

いえ、たとえお伺いをたてずに済むにしても
専業主婦なら誰でも胸の中では、何処かに

『申し訳ない』という気持ちがあるのではないでしょうか。

そのような気持ちが少しでもあるうちは、
素敵な物を見つけて、たとえそれを手に入れたとしても
友達に旅行に誘われても
きっと思う存分楽しめません。

インターネットで
在宅ビジネスを始めてから
私は精神的に安定しました。

たとえ自活出来る額ではなくとも
自分で自由に出来る収入がある事は大切な事です。

心に余裕ができました。

☆専業主婦のへそくりビジネス☆

 

2013年6月24日 (月)

専業主婦も精神的自立は必要!

私はドイツに住むようになって

日本で生活していた時よりも

精神的な自立の重要性を

思い知らされました。

結婚してからも

たとえ多少の金額ではあっても

収入があるという事は

精神的に大きな支えでした。

ですから専業主婦になってからは、

本当に毎日が物足りなく感じられ

何をしても心が満たされませんでした。

そしてある時

私は気がついたのです。

それは

自分に収入がないからだと。。。

インターネットで

在宅ビジネスを始めてから

精神的に安定しました。

たとえ自活出来る額ではなくとも

自由に出来る収入がある事は

大切な事です。

心に余裕ができました。

ネットワークビジネスで海外への道 

2013年2月17日 (日)

病気になったらどうするか

老後がどのようなものになるか考えてみたのですが、考えただけではよくわかりません。
ですから調べてみることにしました。

先ず一番心配な点は、病気になったらどうするか。。。

病院にずっと入り続けられないと思います。
そこで在宅ケアについてまず調べてみました。

在宅ケアには、いったいどのくらい予算をたてればいいのでしょうか。

訪問介護や訪問看護などには、介護保険が適用されます。

たとえば、「要介護5」なら最高月額35万円が利用でき、
利用者は、使用した分の一割負担を支払います。

ですから、もし全部利用した場合は、月36万円かかり、
月に一割負担3万6千円の負担となります。

訪問診療となると公約的医療保険が利用できます。

患者が70歳以上の場合は、利用者負担は1割です。

その他、薬代等の費用も考慮しなければなりません。

一般的に医療費や介護費だけならば、
月10万円を超える事はないと言われていますが、
やはり+アルファーを予算立てしておく方が安心ですね。

介護保険を利用できるのは、原則として65歳以上ですが、
癌の末期患者などの場合は、40歳以上から利用できるようです。

公的医療保険や介護保険には、利用者負担に上限があるので、
やはり老後の経済的設計は充分余裕を持ってたてておきたいものです。

ネットワークビジネスは、不労収入です。
老後の経済状態をゆとりあるものにします。

ネットワークビジネスで海外への道 

2012年11月20日 (火)

老後:最後を迎える時の為に

☆ネットワークビジネス大成功 in 海外☆

人間は誰でも最後を迎える時が必ず来ます。
あなたは最後をいかに迎えたいですか?

『病院ではなく、自宅で最後を迎えたい』
と願う人達が多いのにも関わらず、
実際は病院で亡くなる方が圧倒的に多いのだそうです。

「在宅ケア」を可能にする為に最も大切なのは、
本人や家族が本当に在宅を望むかどうかだそうです。

たとえ家族がいない独り暮らしでも、
本人が望むなら、
不可能ではないとされているようです。

在宅ケアは、
ヘルパーによる訪問看護、医師による訪問診察
看護士による訪問看護といった
専門職の方達の支えで成り立っています。

このような多種のサービスの連携があるなら
独り暮らしでも在宅は可能になるのだそうです。

その介護をする身にすれば、職業を持っている場合とても大変です。
その場合は、在宅で収入が得られるネットワークビジネスは最適なビジネスといえます。

ネットワークビジネスで海外への道 

2012年7月 8日 (日)

8割以上の人が老後に不安を持っています

☆ネットワークビジネス大成功 in 海外☆

あなたは、「老後の生活に不安」の理由のトップ3をご存知でしょうか?

それは、

1、十分な貯蓄がないが、75.6%
2、年金や保険が充分でないが、71.7%
3、現在の生活にゆとりがないので、将来に備えて準備していないが43.3%

だそうです。


そして、老後の生活について、

1、非常に心配が、42.4%
2、多少心配が、41.8%

と8割以上の人が老後に不安を持っています。


世界的な不況のあおりで日本経済は大変不安定です。

このままで行くと上記のような不安が更に増し、
今後も増え続けていくのではないかと思われます。

日本だけではなくドイツでも国民は国を頼れなくなって来ています。

ドイツ国民は、
ユーロ圏の他国の赤字の負担を負わされています。

ドイツでも少子化問題に悩まされています。

子供達にも頼れない、
国にも頼れない時代がもうそこに来ているのです。


皆さんは、将来の為に何か対策を立てておられますか?


私は、老後がどうなるのか不安でなりませんでした。

ですが、このビジネスを始めてその不安が消えました。

今はまだ元気ですから、充分準備ができます。

たとえ10年後に動けなくなったとしても
インターネット環境が整い、コンピューターが使えれば出来る仕事です。

たとえ、入院していてもです。

私は、このネットワークビジネスに出会えた事に感謝しています。

今私が関わっている仕事は、私の老後の保証です。

その為には今色々な準備が必要ですが、
私は現在その過程を楽しんでいるところです。

ですから毎日がとても充実しています。

将来の目的が出来たのと老後の不安が消えたためです。

『もう少し早く取り組んでいたかった』とさえ思っています。

ネットワークビジネスで海外への道 

«自分に続く人達へのフォロー